ブレーキ・アクセルを踏み間違える心理とは?経験から語る

車のブレーキ

高齢者事故の原因としてよく取り上げられるブレーキ・アクセルの踏み間違い。普段運転をする人には考えられないですが、高齢者になるほど認知機能の低下により、間違いに気づかない、間違えた際のとっさの行動がとれない、といったことがあります。

実は私自身も20歳の時にブレーキ・アクセルの踏み間違いを行ってしまいました。周りに人がいなかったため大事には至りませんでしたが、その時の状況をよく覚えています。
今回、経験談を含めながらなぜブレーキ・アクセルを踏み間違えるのか、なぜ踏み間違えた時にとっさの判断が出来ないのかを深掘りしたいと思います。

意識が他に向いていた時…

私が踏み間違えたのは高齢者事故に多いプリウスでした。プリウスはアクセル、ブレーキの形状が似ていて、ブレーキ・アクセルの間隔も狭めです。

踏み間違いを起こしたのは広いガソリンスタンドでのバック駐車の時。急いでUターンして入れなければいけなかったのですが、後ろに気を使いながら何気なくブレーキを踏んだつもりが間違えてアクセルを踏んでしまいました。
後ろに気を取られていて足元に気が付かなかった、アクセルとブレーキの踏み心地が似ていたためとっさにブレーキだと思いこんでしまったのが原因でした。

幸いにも周りは広く、すぐにアクセルを離したので大事には至りませんでしたが、狭い道だったら非常に危険でした。

高齢者はパニックになると判断できないのかもしれない

今回私の場合はとっさに「アクセルだ」とわかったので、冷静にアクセルを離しブレーキを踏みました。
しかし、判断能力の低下した高齢者の場合にはとっさの状況を理解できず、「ブレーキを踏んだはずなのにどんどん加速する」と言う心情で、更にアクセルを踏んでしまうと思われます。

また、一部の方の中には、「アクセルを踏んでいるとわかりながら体が硬直して言うことを聞かなかった」という話もあります。判断能力の低下により踏み間違えたとしても、パニック状態になると体が意思とは無関係に動いてしまうことがあるようです。

ただし、この様な危険性を持っていても現状の制度では免許返納を強制することはできません。「衰えた」と自覚した人が自らの意思で卒免|免許返納するしか無いのです。

外車の様な形状なら踏み間違いはなくなるのではないか

オルガン式ペダル

ここからは個人の主観がまざります。

ブレーキ・アクセル踏み間違いを防止するための商品なども出ていますが、後付しなくても『外車を買えば踏み間違いはなくなる』と思っています。
外車に多く採用されているのがオルガン式アクセルペダル。ブレーキのように上から吊り下げらているのではなく、下からオルガンが広がるような形状をしています。アクセルを踏むときの足の角度とフィットするため、シビアなアクセル操作も簡単に行なえます。

オルガン式の場合、そもそも形状が全く異なります。また、踏んだときの重さも異なるため、足をおいた時点で違いがすぐに分かります。
高齢者事故の傾向から、そもそも踏む前にこれはブレーキではないと認知させる必要があるのです。そのためにはそもそもの形状から変えることが有効だと考えられます。

オルガン式のデメリットとしては製造コストがあります。そこまでアクセルレスポンスを気にしない車種であればコストを上げてまでオルガン式にする必要はありません。そのため、プリウスのように、アクセル・ブレーキが似た形状・似た踏み心地となってしまうのです。


個人的におすすめしたいのは、ベンツAクラスやBMW1シリーズなど外車のエントリーモデル中古車を購入することです。
国産車と比べて安全性能も優れていますし、アクセルペダルもオルガン式を採用しているケースが多いです。年式によってはエントリーモデルでも衝突軽減システムが装備されているなど、最新技術に劣らない装備がついています。
値段は5年落ちで100万円前後。たしかに軽自動車などに比べると少々高いですが、交通事故のリスクを考えるとしかるべき投資なのではないでしょうか?

もし家族でプレ高齢者がいたら、この様な車を進めてみましょう。

購入の際困ったことがあれば弊社サービスRe.Carでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

車のブレーキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です