CarPlayでおすすめのカーナビアプリはこれだ!実機レビュー

Apple Carplay対応ナビ

2014年からサービス開始した、車向けOSCarPlay」。CarPlayを使えば、対応アプリを車のディスプレイ上で操作することができます。

CarPlay対応アプリの中で特に使われているのがカーナビアプリ。カーナビアプリを使えば、常に最新の道路情報をもとにナビを行ってくれます。「毎年お金を払って純正ナビを更新する」。この作業が不要になるので、とても便利です。

ただ残念なことに、どこのサイトでもCarPlayのカーナビアプリの詳細レビューが無く…
そこで今回は代表的なApple純正ナビ、Google MapYahooカーナビ、カーナビタイム、4つの使用レビューと、おすすめのカーナビアプリをご紹介します。

CarPlayレビュー|Apple純正ナビ

CarPlay対応|Apple純正ナビ

一番スタンダードなナビと言えば、Apple純正ナビ。純正だけあって、CarPlayとの相性は一番良いのが特徴です。

案内ルートの感覚的には、Google Mapほどアグレッシブではなく、国産ナビのように安定だけではない、ちょうどよい塩梅です。無理してまで急ぎたくはないけど、無理なく迂回ルートがあるなら利用したい、という方におすすめです。

車の画面とスマートフォンの画面はこの様な感じ。ナビゲーション中はスマートフォン側に交差点情報が表示されます。
車ディスプレイ側では、交差点右左折直前で次の交差点情報も出してくれるのはありがたいです。

CarPlay対応|Apple純正ナビ

Apple純正ナビ1番の特徴は純正ならではの連動性。
地図の縮尺は、狭い道では2D詳細に、広い道に出ると3D広域に、広域のレベルも次の案内ポイントに応じて変わります。

驚きなのがApplewatchとの連携。ナビをしている最中、曲がる手前でApplewatchが振動して教えてくれます!これが地味に便利で、ここで曲がるのかその次で曲がるのか微妙な交差点の場合でも振動で把握できるので間違えることがありません。

他にも、時間帯によって起動直後に自宅までの経路を出してくれるも優しい設計。「まさに調べようと思ってた」という時に適切な案内を行ってくれるので非常に重宝します。

案内の音声はちょっとカタコト、多少気になる程度です。GPSが入らなくなるとナビが固まってしまうのは、今後の改善ポイントですね。

Apple純正ナビの良い点

  • 純正ならではの安定性
  • Applewatchとの連動
  • 空気を読んで自動で自宅経路を検索してくれる
  • 交差点右折前に次の右左折情報を出してくれる

Apple純正ナビのイマイチな点

  • 案内が少しカタコト
  • GPSが受信できないときに固まってしまう

CarPlayレビュー|Google Map

CarPlay対応|GoogleMap

次はGoogle Map。

ナビゲーションの特徴は、1秒でも早いルートがあったらそこを案内するくらいアグレッシブです。「普通に先の交差点で曲がって良いよ」と思っても、無理やり迂回させたりします。Google Mapの案内を信じすぎず、アグレッシブな道を通そうとしてるかもと思ったら、無視して通過するのがおすすめです。

Google Map1番の特徴は、到着予想時間の正確性です。現在の渋滞情報だけでなく、将来起こるであろう渋滞予測も考慮したり、法定速度ではなく実速度ベースでの計算になるため、ほとんど到着時刻にズレはありません。
この間私が千葉-福島を一般道でドライブした際も、200km以上のルート計算にもかかわらず、到着時間誤差は+3分という驚異の正確性を見せてくれました!(カーナビタイムの到着予想時間は30分以上ずれる結果に。)
時間の確実性を重視するなら最適なナビアプリです。Google Mapで検索して時間を把握した後他のアプリを開く、などの活用方法もあります。

他にも案内中車線のどこにいれば良いのかレーン情報を表示してくれたり、細かいニーズにも答えてくれています。

Google Map欠点は、たまにバイクしか通れないようなアグレッシブすぎる道を案内されて死にそうになる、GPSが受信できないと固まるところです。
カーナビアプリではないので、車幅など関係なく過去車両の通行履歴があれば案内してきます。

Google Mapの良い点

  • 到着予想時間が正確
  • リアルタイムの渋滞に合わせてルートを組んでくれる
  • レーンキープを表示してくれる
  • 交差点右折前に次の右左折情報を出してくれる

Google Mapのイマイチな点

  • アグレッシブすぎて通れない道を案内してくることがよくある
    • 通れない道を案内したり、高速をこまめに降ろしたりする
  • GPSが受信できないときに固まってしまう

CarPlayレビュー|Yahooカーナビ

CarPlay対応|Yahooカーナビ

次はYahooカーナビ。先日CarPlay対応したことで注目が集まっています。無料で使え、青看板などにも対応しているため、コストパフォーマンスが良いことが特徴です。

実は今回Yahooカーナビを使ってナビを行いませんでした。理由は操作性の悪さ。
目的地を選択すると、ルート検索結果はカーナビ画面上に。ルートを変更したい場合は車のコントローラー上から変更しなくてはいけません。スマートフォンですばやく比較してナビを開始する。本来ルートを選択してルート案内時にデバイスが車ディスプレイに移るのが自然な流れですが、まだルート選択段階で車ディスプレイに操作を移さなければいけません。
この一手間がとてつもなく使いづらく、ルート案内を行う前にアプリを閉じてしまいました…

CarPlay対応|Yahooカーナビ

問題の画面。地点を選択するとルート検索以降は車ディスプレイに移り操作が不便になる。

Yahooカーナビの良い点

  • 無料で使える
  • 青看板などに対応

Yahooカーナビのイマイチな点

  • とにかく案内開始までのフローが面倒臭すぎる

CarPlayレビュー|カーナビタイム

CarPlay対応|カーナビタイム

最後はカーナビタイム。NAVITIMEはドライブサポーターと2種類のカーナビアプリを提供していますが、フラッグシップアプリとなります。

案内は国産ナビのように安定したルートを提案しつつ、混雑状況によっては無理しない範囲で迂回もしてくれる、日本人にとってちょうど良い塩梅のカーナビアプリです。

画面はこの様なイメージ。

CarPlay対応|カーナビタイム

カーナビタイム1番の特徴は、安心できる案内情報。
青看板や車線情報を画像表示してくれるので間違えることがありません。音声でも「左車線をお進みください」など、細かなところに気を配っています。

さらに、スマートフォン側の画面は先の案内表示以外に、高速道路の渋滞情報が表示されるなど、便利な情報を提供してくれます。

CarPlay対応|カーナビタイム

他にも4つのカーナビアプリで唯一オフライン地図のため、電波の無いところでもナビが継続できます。1番車載カーナビに近いカーナビアプリです。
GPSが入らなくても直前の車速をもとに自動で進んでくれます。これもカーナビタイムのみの機能で、トンネルが続く道路では非常に便利な機能です。

ちょっともったいないのが、車画面上に案内の次の交差点情報が出ないので、100m先を右折後、すぐ左折など、案内が続く場面ではどこで曲がればよいのかわかりにくくなってしまいます。

またナビ自体が重くよくフリーズします。これは走行履歴の表示をオフにすることで多少改善されますがもう一歩の感覚。重要な交差点で固まるとかなり焦るので早めに改善してほしいです。
縮尺もせっかく設定しても、地点案内のたびにリセットされてしまいます。これはカーナビタイムが10mの縮尺に対応した直後から起き始めたので不具合かと。今後の修正に期待です。

カーナビタイムの良い点

  • 親切なナビゲーション
  • 安心の経路検索
  • オフライン地図で通信量が少ない、電波がなくてもナビができる
  • GPSが入らなくてもナビが進んでくれる
  • 高速道路料金が出てくれる
  • スマートフォンで複数ルートを比較できる

カーナビタイムのイマイチな点

  • 曲がる交差点の次の右左折情報を出してくれない
  • ナビが重い、よく固まる
  • 縮尺がリセットされる
  • UIが古臭い

CarPlayでおすすめのカーナビアプリは?

今回4つのカーナビアプリを紹介しましたが、シーン別におすすめのアプリをご紹介します。

一般道を無難に移動するならApple純正ナビ

一般道をそこそこアグレッシブに、でもGoogleMapほど無茶をしたくないならApple純正ナビがおすすめです。
到着予想時刻も適度に正確なので、一般道でのトータル性能は1番です。

一般道で最短の到着/到着時間の正確性を求めるならGoogle Map

とにかく急ぎたい、正確に到着したいならGoogle Mapです。アグレッシブな道案内をしてきた場合は多少空気を読む必要はありますが、どのナビよりも早く到着することは確かです。

トータルバランスで選ぶならカーナビタイムが1

トータルバランス、特に高速道路を使ったルート案内のときはカーナビタイムが1番です。ルートに安心感がありつつ、高速道を使ったルート検索では複数経路で料金を比較することができます。
オフラインにも対応しているので、1番純正カーナビに近い使い方ができます。


今回4つのCarPlay対応カーナビアプリをご紹介しました。
私個人の使い方としては、都市部の一般道は渋滞を避けたいのでGoogle Map、地方や高速道路を使う場合はカーナビタイムと使い分けています。高速道路を使う場合でも距離が長い場合には、Google Mapで時間を調べてからカーナビタイムを使うなど併用しています。

コネクテッドカーの普及により大衆車にもCarPlayが浸透しそうですが、CarPlayを使ってナビをする場合は是非参考にしてください。

CarPlay使用車種

  • メルセデス・ベンツ
  • E220d アバンギャルド スポーツ
  • 2016年式(W213
  • CarPlay:有線接続のみ対応
Apple Carplay対応ナビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です