ベンツの保証書がない場合、保証継承はできるのか?再発行についても

メルセデス・ベンツのロゴ

メルセデス・ベンツでは新車購入時に「メルセデス・ケア」と言う保証サービスが3年間付帯します。
3年未満の中古車を購入した際には保証を前オーナーから引き継ぐ「保証継承」ができるのですが、問題なのは保証書がない場合。

検索してもできる・できない、憶測で書いている方が多かったので、実際に保証書がない状態で保証継承したときの対応について紹介します。

通常の保証継承の流れ

通常中古車を購入した際には保証書が付いています。特に新車登録から3年未満の場合には、社外に持ち出して紛失しない限り車検証と一緒に必ず保管されています。

保証継承を行うには保証書(兼メンテナンスノート)を持参して最寄りのディーラーに行きます。そうすれば、15,000円ほどで保証継承が完了します。
保証継承できると故障はもちろん、1年ごとの法定点検費用や、オイル交換などの消耗品費も工賃含めて無料になります。

ベンツで保証書がない場合の保証継承

まず結論から言うと、ベンツでは保証継承ができません。

保証書は車に対する保証を証明する大切な書類です。そのため再発行してしまうと悪用される恐れがあります。
「無くした」と偽って保証書を再発行し、保証を別の車両で使うなど、可能性として上がってしまいます。家電購入と同じように、1製品に付き1枚しか保証書を発行してくれません。そのためメルセデス・ベンツでは保証書をなくしてしまうと保証を一切受けられなくなってしまいます。

ただベンツ以外だと再発行が可能な場合があります。トヨタなどは車やメンテナンス情報を全てシステム管理しているので、なくしたとしてもシステムを正として再発行、保証継承してくれます。

おそらく、メーカーによって対応が違うのに、経験したことのない人がネットだけの情報で一律「できる」「できない」と決めつけてしまっているため、混乱してしまっているのだと思います。

3年経過間近であれば保証継承してもそこまでデメリットはない

保証継承によって3年保証を引き継ぐだけなので、大きな故障などがなければ保証が引き継げなくてもそこまで問題はありません。特に2年目点検を受けている場合、車検時に交換する消耗品はオイルくらいなので、20,000円ほど、保証継承費用が15,000円と考えると、あれば良いくらいです。

売却時に響く?ベンツでは点検整備記録簿(メンテナンスノート)は再発行可能

メルセデス・ベンツでは保証書と点検整備記録簿(メンテナンスノート)が一体型になっています。保証書が無い=点検整備記録簿が無いことになりますので、過去の整備履歴もわからなくなってしまいます。

そうなると、過去にどの様な整備を行ってきたかや、事故故障歴もわかりません。特に3年未満で点検整備記録簿をなくす人はそういないので、査定時に「何かを隠すためにあえて保証書を捨てたのではないか」と思われる可能性はあります。

ただ保証書、点検記録簿がない状態でも、点検記録簿だけは再発行が可能です。ディーラーでおよそ4,000円程度で購入可能です。保証は3年で切れるので、中古車購入時から再発行、点検記録を付ければ、査定には響かなくなります。

私の場合、保証書がなく保証継承できませんでしたが、ディーラーに半年、1年、2年点検の整備記録が残っていました。
そこで、点検整備記録簿を再発行しつつ、ディーラーの方に過去の整備履歴を印刷し頂きました。間接的ではありますが記録が残っているのでこちらで解決です。

万が一保証継承ができなくても、やり方によって代替できるので試してみてください。

メルセデス・ベンツのロゴ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です